ウッドデッキにはどう言う木材が適しているか

ウッドデッキをつくる場合、どう言う木材を使用すればいいのでしょうか。基本的にはソフトウッドと呼ばれる針葉樹系の木材かハードウッドと呼ばれる南方系の堅木を使います。ソフトウッドは名前の通り、柔らかいと言うのが特徴です。当然、ビス留めや切断も楽にできます。DIY向きと言えるでしょう。代表的なソフトウッドは、SPFとウェスタンレッドシダーです。ただし、強度はあまり高くありません。しっかり保護材を塗ることが大事です。一方ハードウッドは堅いのでビス留めのは下穴を開ける必要があり、手間がかかります。しかし、耐久性と強度が非常に高く、無塗装で使用できると言うことで、こちらを選ぶ人が増えてきました。反りやねじれも少ないので、ウッドデッキにはこれと言う人も多いです。ただ、重量があるので、組み立てには体力を必要とします。

ウッドデッキをつくるうえで最も重要になるものは

ウッドデッキをつくるうえで、最も重要になるものは何かと聞かれたら、ほとんどの人が木材と答えるでしょう。もちろん、ウッドと言うくらいですから、木材がなければ始まりません。しかし、基礎もとても大切です。基礎がしっかりできていないと、ウッドデッキが傾いてしまったり、沈んだりしてしまいます。まずは、基礎の勉強をしっかりしておきましょう。基礎はシンプルなのが一番です。風通しの良い独立基礎にするようにしましょう。そして、基礎材のことも熟知しておく必要があります。基礎材はたくさんあり、何を使わなくてはいけない、使ってはいけないと言うわけではありません。ただ、独立基礎の基礎材として使われるのはコンクリートピンコロと言う物です。土台と接合できないと言うデメリットはありますが。安価と言うところは大きなメリットです。

ウッドデッキの組み立てにはコーススレッドを使う

ウッドデッキを完成させるには、さまざまな材料が必要になります。多くの人は木材や基礎材にばかり目を向けますが、必要なものはこれらだけではありません。細かいものにも目を向けましょう。木材が必要になると言うことは、ビスも必要になります。釘をハンマーで打つと言うイメージを持っている人もいるでしょうが、それでは体力のムダ使いです。時間もかかりますし、釘は意外と強度がありません。ウッドデッキの組み立てにはコーススレッドと言うビスを使います。これだと、電動ドライバーで留めることができるので、ムダな体力を使いません。当然、作業時間も大幅に短縮することができます。さらに、強度も強く、メリットしかないと言っていいでしょう。また、細かい造作や薄い木材を使うこともあるかもしれません、そのときのために、スリムビスも用意しておきましょう。

対応が迅速で分かり易く丁寧で誠意を感じたし、価格も他社に比べて安くて良かった、とのお声を多数頂いております。 ウッドデッキを多数取り揃え、お客様の生活様式に合わせたウッドデッキを、提供出来る事が他社との違いです。 対応の早さ・価格の安さに特に重点を置き、ウッドデッキを全国工事対応、長期10年保証でお届けしています。 工事費を基本施工費から10%OFFいたします。 ウッドデッキのことなら専門のリクシルにご相談を!